【発達ゆっくり育児】2歳で児童発達支援を利用開始!発達障害の療育に1つの選択肢として

クリームママ

こんにちは、発達ゆっくり次男が2歳9カ月から児童発達支援を利用しているクリームママ(@cream__mama)です♡

発達ゆっくり育児をされているみなさん、児童発達支援というサービスはご存知でしょうか?

わが家の次男は、1歳6カ月健診で発達の遅れを指摘され、そこで案内された市の親子療育教室に月に2回通わせていました。
加えて、半年~1年に1度は発達検査も受けていたのですが、児童発達支援の利用については市の方から何も案内を受けることはありませんでした。

私の場合、作業療法士(OT)として働いている友達が近所に住んでおり、次男のことで相談をしていたときに、児童発達支援について初めて教えてもらいました。

もしかすると、同じように自治体から案内を受けることなく、児童発達支援について知らないママさんもいるかもしれません。

クリームママ

集団や変化に弱い発達ゆっくりっ子は、定型発達っ子以上に参加できる場所や預ける場所がなくて、ママが請け負う負担が大きいし、しんどいことも多いですよね!!

私も次男が2歳頃からいろんな遊び場や親子教室に参加できなくなって、ずーーーっと自分が1人で見ることへの不安やしんどさを感じていました。

そんなとき教えてもらった児童発達支援という存在に、一筋の希望を感じた覚えがあります♡

クリームママ

この情報が、今同じように悩んでいるママさんにとって一筋の希望となりますように♡

児童発達支援とは

児童発達支援というのは、障害のある子ども(未就学児)が支援を受けるための通所支援の1つです。
生活の自立支援や機能訓練を行ったり、園のように遊びの場を提供してくれるなど、各施設によっていろんな特色がありますが、障害児の支援を目的にしている点は同じです。

クリームママ

わが家が選んだところは、どちらかというと好きな遊びの中で発達を促すことを目標にしている施設です♡

児童発達支援の利用条件

児童発達支援は障害のある子どもの支援を目的にしているので、療育の観点から支援が必要とされる未就学の障害のある子どもというのが利用条件になります。

クリームママ

とはいえ、『障害のある』といっても、診断を受けてなかったり、障害を証明する手帳を取得していないケースもありますよね。

わが家の場合も当時、発達検査では顕著な遅れを指摘されていたものの、医師の診察などは受けていなかったので、診断書も手帳もありませんでした

そんな場合でも大丈夫です!

健診や発達検査で療育の必要性が認められた場合や、園に通っているものの併せて専門的な療育の必要性が認められてた場合など、専門家の意見書を書いてもらえたら受給者証の申請が可能です。

クリームママ

わが家の場合は、発達検査の結果を踏まえ保健師さんが意見書を書いてくれたので、受給者証を無事に申請できました!

受給者証とは

受給者証を取得することで、通所の申し込みができるとともに、1割負担でサービスを利用することができます。
ただ、受給者証の申請時に利用できるサービスの上限が決められるので、あらかじめどの程度児童発達支援を利用したいかについては考えておく必要があります。

わが家の場合は、保健師さんと市の担当者を交えて事前に面談が行われ、次男や私の状況や課題、意向などをヒアリングされ、今の時点で月に何日程度の療育が必要な状況かを、面談の中で審査されました。

クリームママ

次男の場合は月5日を上限に、受給者証が発行されることになりました。
というのも、当時は特に自宅保育ですごく困っているわけではなく、変化に弱い次男に無理のない範囲で療育に通わせたいと考えていた私の意向と、利用日数を必要以上に与えたくない市の意向が、月5日で合致した感じです。
受給者証の申請で少し思ったこと
税金を使って通わせてもらうことになるので、自治体としては必要以上の日数をあまり与えたくないという印象は受けました。
わが家の場合専業主婦だったので

  • 市の療育教室に加え、児童発達支援を利用する必要が本当にあるのか?
  • 保護者がそんなに困ってないなら、まだ2歳なんだから自宅保育でいいんじゃないか?
  • 刺激を与えたいなら、子育て広場や親子教室ではダメなのか?
  • もし預けたいなら保育園や一時保育ではダメなのか?

    というところを、遠回しに確認されている感じがしました。。。

児童発達支援の決定まで

受給者証の対象になることを知り、それなら児童発達支援を利用したいと思い始めた頃、実際に児童発達支援の見学を始めました。

クリームママ

ただ、児童発達支援ってまだあんまりネットに情報が出てないところも多い!!!

通えそうな児童発達支援をリストアップ

まず、自宅から通えそうな距離で、2歳でも利用OKの児童発達支援をネット検索したり、作業療法士の友達に聞いたりして、とりあえずリストアップしていきました。

併せて担当の市の保健師さんにも情報提供をお願いしましたが、うちの自治体の場合、市では民間の児童発達支援をあんまり案内することはできないということで(?)、全然有益な情報はもえらえませんでした。

クリームママ

自治体によるのかもしれないけど、児童発達支援の利用を市でももう少し後押ししてくれたらいいのになーと思ったよ。

まずは電話で利用条件の確認、条件が合ったら見学の予約

リストアップした児童発達支援に、まずは電話をかけて詳細の確認をしていきました。

  • 2歳でも利用が可能かどうか
  • 可能な場合は利用可能時間
  • 現在利用している未就学児の人数など
  • 見学の可否

クリームママ

療育の方法など聞きたいことは山ほどあるのですが(笑)、とりあえず電話では利用可否と時間、見学可否を確認し、条件を満たしていたら実際の見学を予約しました。

条件に合いそうな5施設を見学予約

2歳でも受け入れOK、かつ自宅から車で30分以内の条件に合うところを5ヵ所見つけ、順番に見学していきました。

5つの施設はそれぞれに個性があり、ざっとまとめるとこんな感じです。

  1. 某大手児童発達支援、1回40分でマンツーマン
  2. 個人児童発達支援、1日10:00-17:00ぐらいで何時間でも利用OK、往復送迎付き
  3. 姉妹園あり児童発達支援、1日3時間程度可でマンツーマン
  4. 法人児童発達支援、1日3時間程度でマンツーマン
  5. 個人児童発達支援、1回50分でマンツーマン

見学して気づくことも多かったですが、1回40-50分程度みっちり療育するところと、どちらかというと預けて遊んでもらう中で刺激を促してもらう、というところでは、雰囲気も全然違いました!

雰囲気や条件などを考え、施設を決定

私の場合、みっちり療育してもらうというよりは、次男が楽しく過ごしながら刺激を受ける場所を確保したいというのが大きな目的だったので、みっちり療育方針の1番と5番はまず除外しました。

そして、2番、3番、4番の3施設は、どれも母子分離で遊びながら刺激をしてもらえるというのは同じだったのですが…

クリームママ

2番の施設は、見学に行った時の直感で除外しました!

2番は利用時間の制限もなく、往復送迎までしてくれるという好条件だったんです!!
でも見学に行ったとき、次男がうんちをしてしまうというハプニングが発生しました。

そのとき、先生知らんぷりだったんですよね…
それ以外に別に嫌なところもなかったのですが、このときの対応で、『もしこの施設に次男を預けてうんちしたら、あんまり親切には対応してもらえなさそう』と感じました。

クリームママ

言葉も話せない2歳の次男を、マンツーマンで閉鎖的な空間に預けることは、親としてはとても心配で勇気のいる決断です!!
なので、私はまず何より次男が大切にしてもらえて、安心して楽しめる環境を最優先で考えました!!

そういうこともあり、3番と4番の2択が残り、正直どちらでもいいなと思える施設だったのですが、結果的に利用時間と家からの距離で最終的には4番に決めました♡

追記
最終決定前に作業療法士の友達に報告したのですが、やはり2番の施設は評判が良くないそうです…。実際に見学して雰囲気を見ることは大切だし、やっぱり直感も大切だなと感じました。児童発達支援も本当にいろいろだと思うので、何度も見学して、安心&納得して子どもを預けられるところが絶対条件だと思います!!!

受給者証の申請→利用契約へ

利用する施設が決まったので、実際に受給者証の申請手続きに入りました。

申請してから手元に届くまでは約1ヵ月程度だった気がします。
受給者証が手元に届いたら、決定した児童発達支援と実際に利用契約を結びました。

クリームママ

そしてめでたく今年の2月から児童発達支援デビューをしています♡
まだ日は浅いですが、今のところこの施設を利用できていいことしかありません!!
次男も楽しく通えているし、私も週に2~3時間預かってもらえるだけで全然違います!!
あのとき児童発達支援の存在を知って、利用を決めて、本当によかったと思っています♡

おわりに

長くなりましたが、最後までお読みいただきありがとうございます!!

まだまだ書きたいことはたくさんありますが(笑)、とりあえず児童発達支援決定までの流れはこれにて終了させていただきたいと思います!

児童発達支援がまた再開したら、次男の様子なども紹介させてもらいますね♡
直近の次男の成長記録はこちらです↓

【発達障害っ子育児】2歳後半の認知・運動発達の様子をまとめてみました!

クリームママ

発達ゆっくり育児に悩むママさんに、児童発達支援の存在を知ってもらい、選択肢の1つとして考えてもらえたらいいなと思います♡