【発達ゆっくり育児】やめてラクになった4つのこと

クリームママ

こんにちは、2歳次男が発達ゆっくりっ子のクリームママです!

以前、次男が発達ゆっくりだと気づいた頃の話を書きました。

【発達ゆっくり育児】次男の発達の遅れに気づいた1歳半健診の話。

発達ゆっくり育児に気づいて、やめたことが4つあります。

クリームママ

私の場合、それをやめたことで発達ゆっくり育児をより前向きに楽しめるようになりました♡

①実年齢を考えるのをやめた

これは、療育の先生に『実年齢じゃなくて、発達年齢の子どもを育てていると思って関わってあげてね』と言われたことがきっかけです。

それまでは、『1歳6ヵ月だから、単語を話せるようにしてあげないと』とか『2歳までには自分でごはんを食べられるようにしてあげないと』とか思っていたのですが、実年齢の目安を考えるとうまくいかないことがかなーーーり多くなってきます。

わが家の次男も、実年齢はもうすぐ3歳ですが、中身はまだ赤ちゃんみたいです(笑)
発達検査では発達年齢はまだ1歳児程度と言われているし、1歳児を育てていると思って接した方が、うまくいくことが多い!!

1歳なので、ごはんや着替えの介助は当たり前のようにしているし、トイトレは当然のように何も始めていません(笑)!!
会話も全然できませんが、こちらの言葉が少し理解できただけでもめちゃくちゃ興奮しながら褒めています♡

そんな感じで、日々の生活では実年齢をもうあまり考えないようにしています。

②一般的な子育て広場に行くことをやめた

発達ゆっくりっ子と気づくまではもちろん、気づいてからもしばらくいろんな子育て広場に参加して、刺激を与えてあげようと考えていました。

いろんな園の親子教室や子育て広場にも参加しましたが、成長に伴ってだんだんと集団での活動がしんどくなってくるようになりました。

うちの次男の場合、自由遊びのときはごきげんに好きなおもちゃで遊んでいるのですが、お片付けやお遊戯などになると『ギャー―――!!』と泣き出してしまうことが増えました。

また、おやつタイムがある遊び場では、偏食の次男は出してもらったおやつに全く興味を示さず、でもみんながおやつを食べているのはわかるので、自分のおやつ(特定のお菓子一択)を出してとカバンを引っ張って泣き叫ぶようになりました。

そんなことが重なり、『次男がこんな悲しそうに泣いているのに、一体何のために参加しているのかな』と思うようになり、もう行くのをやめました!

クリームママ

行くのをやめたら、なんかすごーく心が軽くなったよ!
MEMO
次男が泣き叫んでいるときに『最初はみんなそんなもんよ!慣れたらきっと大丈夫!』と先生に声を掛けてもらったことがあるのですが、『きっとこの子の場合はそんな問題じゃない…』と思ったので、続けて参加するのが辛くなったこともありました。もちろん、良かれと思って言ってくれているのはわかったのですが、きっと期待に応えられないのが見えていたのですごく辛かったです涙。

③偏食を改善するためがんばるのをやめた

離乳食の頃から食べないものも多かった次男ですが、1歳半ごろまではだいたいお味噌汁に混ぜると食べていました。
それが日を追うごとにだんだん食べないものが増えてきて、2歳を過ぎた頃には限られたものしか食べなくなってきました。

麺類は一切食べず、野菜やフルーツも食べません。
お肉類は、なぜかセブンイレブンのハンバーグのみ食べていましたが、それも最近は食べなくなりました。
今必ず食べるのは、PASCOのスナックパン、白ごはん、焼き魚、ブリの照り焼き、和光堂の豆乳ココアクッキーぐらいです。

次男の場合、食べ慣れたものしか食べず、それ以外は全力で拒否します。
見たことのないものは、一切興味も示しません。
また、味覚も敏感なのか、苦手なものを混ぜたらすぐに拒否されます。

そんな感じで自分の食べ慣れたものを出す以外は一切拒否なので、全然どうにもなりません。
栄養バランスを考えると心配なのは山々なのですが、小児科や療育の先生に相談しても、健康上に大きな問題が出てないのであれば食べられるものを楽しく食べさせてあげてくださいと言われたので、もう悩むのはやめました!

クリームママ

大好物のブリの照り焼き、作りすぎて味がめちゃくちゃ安定してきたよ♡
でも、パパも長男もブリの照り焼きが苦手なので、この仕上がりの高さは次男にしか伝わらないよ♡笑

④将来のことばかり考えて不安になるのをやめた

これはそんなに簡単に割り切れることでもないですが…
発達ゆっくりっ子は、本当に将来の姿が想像つきません!!!

個性もそれぞれなのでこれからどんな成長を遂げるかも読めないし、将来どんな大人になるのかも全然想像ができません。
良くも悪くも、未知の世界!!

『仕事できるかな』『自立できるかな』『結婚できるかな』とか、不安材料を考え出したらキリがないですが、そんなことを今考えてもわからないので、先のことを必要以上に考えるのはやめました。

定型発達であっても、健常児であっても、将来安心できるとも限らない。
逆に発達ゆっくりっ子だって、期待より飛躍できる可能性だってあるはず!!

未知の将来を今あれこれ考えるのはやめて、目の前にいるかわいい次男の成長を目いっぱい愛でることにしました♡

おわりに

発達ゆっくり育児を受け入れるまで、いろんな葛藤があると思います。
思い描いていた育児像と異なる日々に、気持ちが付いていかない日もあるかもしれません。
定型発達っ子以上に育児書通りにいかない成長に、親の対応も本当に悩みますよね!!

私の場合、この4点をやめたことで気持ちがすごくラクになり、今のところ前向きに発達ゆっくり育児に取り組めていると思います!

クリームママ

いろいろ悩みや課題は尽きない発達ゆっくり育児ですが、みなさんにとって少しでも良い方法が見つかりますように♡