念願だった専業主婦になれたのに、在宅フリーランスを目指す理由

クリームママ

こんにちは、クリームママです!

私は、4歳と2歳の男の子兄弟を育てる、30代専業主婦です☆
念願だった専業主婦になって、早6年が経ちました!
長年の夢が叶い、かわいい息子たちと幸せな毎日を過ごしていた私ですが、次第に、専業主婦から在宅で働くママを目指すようになりました

  • そもそもどうして専業主婦になったのか?
  • どうして今になって仕事を始めたいと思ったのか?
  • どうして在宅フリーランスになりたいのか? 

その経緯と理由について、お話しさせてください☆

専業主婦になった理由

 
私は結婚して約2年後に退職し、専業主婦になりました。

それまでは、新卒で就職した旅行会社で正社員として働いていました。
働いていた旅行会社は、労働環境も良く、働くママも多い会社でした。
自宅からもそんなに遠くなかったので、辞める理由はなかったかもしれません。
すごく恵まれた環境でしたが、退職するときには何の未練もありませんでした。

クリームママ

私は昔から、何より専業主婦になりたかったのです!
なぜそんなに専業主婦になりたかったのか。
はっきりした経緯や理由は、記憶にありません。

ただ、昔から「花嫁さん」や「奥さん」という言葉に、すごく憧れがありました。
中学生の時、通っていた進学塾で「将来の夢は、専業主婦です!」と答えて、「まずは働きなさい!」と注意されたのをすごく覚えています(笑)


その後、高校、大学を卒業し、第一志望の会社に就職しても、「専業主婦になりたい!」という思いは変わることはありませんでした。

そして結婚して約2年後、その願いは実現されたのです。

クリームママ

特に退職する必要もない私の希望を受け入れ、専業主婦という夢を叶えてくれた主人には、感謝しかありません。

今になって専業主婦を辞めて仕事を始めたい理由

 
念願だった専業主婦になれたのに、どうして今になって働きたいのか。

それには、専業主婦として月日が流れるなかで、いくつか心の変化がありました。

①経済面で主人の支えになりたいと思い始めたから

専業主婦になる際、「家事を完璧にして、主人を支える妻になる!」と意気込んでいました。
元々思い描いていた理想の奥さん像も、きっとそうだったのだと思います。

専業主婦になって、たしかに家のことは自分がすべて請け負う時間ができました。
共働き時代よりも手の込んだ料理を作って、毎日主人の帰りを待つという、理想の生活も実現することができました。

クリームママ

料理が好きなので、毎日無駄に料理を楽しんでいました(笑)
でも、だんだんとお金の面で支えになっていない自分が心苦しくなってきたのです

いくら主人が仕事で大変なことがあり、しんどくて辞めたい状況になっても、「そんなにしんどいなら辞めてもいいよ!」と言ってあげられない申し訳なさ。
昨年購入したマイホームの35年ローンを、すべて主人の収入に背負わせてしまっている申し訳なさ。
主人が自分のお小遣いを切り詰めていたりすると、『なんかごめん…』とちょっと凹む日々。


主人を支えたいと思って専業主婦になりましたが、『なんか経済的には負担をかけてるのかなー』と思うようになってきました。


専業主婦になる前は、家事や育児をすべて請け負って、旦那さんを支える奥さんを自分の理想としていました。


実際、専業主婦という夢を叶えてもらって、家事や育児を全力でできた毎日は、とても幸せで満たされた日々でした。
でも今は、家事はある程度でも、収入面でも主人の支えになってあげられる奥さんが、だんだんと私の理想像に変わってきたのです。

②できれば子どもが3人以上欲しいから

私も主人も3人きょうだいで育ち、自分たちも子どもは3人欲しいなーと考えていました。

クリームママ

実際子どもができると想像以上にかわいかったので、
私はお金さえあれば、子どもは何人でも欲しいなーとさえ思っています(笑)
ただ、昨年マイホームを購入し、今後のライフプランを考えるなかで、子ども3人以上という夢を叶えるためには、専業主婦ではちょっと厳しいなと考え始めました。

子どもは3人以上!という夢も諦められないので、そのためなら仕事をして収入を得よう!と考えるようになりました。

③自分自身の自己肯定感をより高めるため

仕事から離れて家庭に入ると、日々の生活では『奥さん』『ママがメインの肩書きになりました。

私は元々専業主婦になりたかったので、その生活に不満もなく、『奥さん』『ママ』という自身の肩書きに、満足さえしていました。

ただ、私の場合、専業主婦なのに掃除や整理整頓が苦手。
元々お金に対する危機意識も低く、管理も甘い。

その面で、いろいろ主人に指摘されることが増えてきました。

クリームママ

主人が私に頑張って欲しい家事No.1が掃除なので、
そりゃそうなりますよね。

家事や家計管理のことで指摘や注意をされたとき、専業主婦だと、なんか自分の大部分を否定された気になるんですよね
自分自身の肩書きの大部分が、家庭が占めているからかなーと思うのですが。

『専業主婦なのに』『収入がないのに』家のこともちゃんとできていないのかーと、自分の中で勝手に負い目を感じてしまう。

クリームママ

なんかそんな自分は良くないなーと思うようになりました!

家事や家計管理を完璧にすれば、専業主婦としての自己肯定感を十分に満たせるのかもしれません。
でも私はきっと、性格的に掃除や家計管理を完璧にできる主婦にはなれないと思います!
そして、掃除が好きになることもないと思います!

なので、収入面でカバーしながら、自分や家族が『ごきげんに暮らせる、
新しい家族のかたちを目指していきたいなと思うようになりました

※もちろん、一生主婦であることには変わりないので、掃除も家計管理もレベルアップできるように邁進します☆
(その経過もまたブログで紹介させてください!)

④主人を60歳で完全に退職させ、ゆっくりさせてあげたいから

私は結婚してから、自分の思い描いていた大きな願いはすべて叶えてもらいました☆
 
結婚式は豪華にしたい!
専業主婦になりたい!
マイホームはできれば実家の近くに建てたい!
 
3大ドリームが実現し、私はもう家族の健康と幸せ以外、願うことはありません!
自分の人生に後悔や不満は1つもないという、幸せすぎる状況を主人にはプレゼントしてもらいました☆
 
なので、あとは私が恩返しする番だと思っています。
定年や年金需給の年齢がだんだん遅くなるこのご時世、できるだけ早く仕事から離れてゆっくりさせてあげたい!
 
そのためには、やっぱり私にもある程度の収入も必要だなと考えるようになりました。
できれば早く、住宅ローンを私の収入で返済できるぐらいの働きができたらいいなと思っています。
 

在宅フリーランスとして働きたい理由

ではなぜ正社員として再就職をするのではなく、在宅で仕事をしたいのか。

それは、子どもたち最優先の生活は引き続き続けたいからです!

というのも、保育園に預けて働きたくないわけではありません。
保育園に預けることに、今はどちらかというと前向きです。

ただ、わが家の場合、次男の発達がゆっくりという課題があります。
1歳半の健診で指摘をされて気づいたのですが、発語や理解がかなり遅めなのです。
もしかすると、今後は個性の範囲を超えた成長過程になるかもしれません。
一般的な進路とは別の道が必要になるかもしれません。

そんな次男に、できるだけ寄り添っていけるような働き方がしたいと思い、在宅で働く道を希望するようになりました!

もちろん、すでに園に通っている長男の体調不良などにも、できるだけ心置きなく休ませてあげられる働き方として、在宅フリーランスを希望する気持ちもあります。

仕事をしてある程度の収入は得たいけれど、私と主人にとって何より大切な子どもたちを最優先するのは、夫婦にとって1番の願い

その願いを叶えてくれる働き方が
在宅フリーランス
なのではないかと今は考えています。

まとめ

そんな経緯で、私は2020年に専業主婦を卒業し、在宅で働くママを目指すことになりました☆

目標は、2021年のスタートには扶養を外れる働き方ができたらいいなと思っています!
在宅でのお仕事をどのような分野でがんばるのか、ブログ以外にはまだ模索中です。

在宅でのお仕事も、きっといいことばかりではないと思います。
ただ、今の自分にとっては最良の選択だということには自信を持って、前に進みたいと思います!

クリームママ

すべては家族のごきげんな毎日のために♡
愛する家族を支えるため、
2020年は東京オリンピックよりも自分史に残る、濃い1年にしたいと思います!!